読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.KINGvsMr.Princeという可能性

 最初のブログで永瀬廉くんを約2カ月推していたと言っていた私の個人的な感想になることだけご了承ください。

私は“キンプリ”が結成され、Mステに出演、あの頃のSexy Zoneのバックに付いていたことを同じ界隈の中でも遠い所の話だと思っていた。もし、あの頃今のように興味を持っていたら“キンプリ”というグループが2つのグループに別れて活動していることを受け入れられなかっただろうと思う。それくらいの強さを動画サイトで見た動画で感じてしまった。
 初めは、実力のKING、人気のPrince(ざっくりで申し訳ない)というスタンスで組まれた3人組が2チームという構成だという事に驚いた。王道なイケメン顔3人のKINGより、Princeが人気なのか!と。(当時から岩橋くんがJr大賞を3連覇するほどの人気を持っていることを知らなかったことも大きいが)私は永瀬廉くんの顔や声が好きだった事、既に分裂していた事もありMr.KINGとしての動画を見漁っていた。しかし、その度関連動画にあるキンプリの動画を再生してしまう自分がいた。
 確かにMr.KINGの3人はルックス、ダンススキル、歌唱力とそれぞれに秀でたものを持っている3人組である。彼らの歌う歌も、パフォーマンスも充分私を幸せにしてくれる。それなのに、どうしてもあの6人で横に並び歌っている時のアイドルのキラキラ感に勝るものは無いとそう思わされてしまうあの感覚を超えることも忘れることも出来なかった。
 自分が映った時にすべき事を熟知したカメラアピールができる岩橋くん。グループの2枚目としての佇まいが板についている神宮寺くん。そんなふたりの真ん中に立つだけの魅力がある岸くん。この3人が人気なのだと言われて納得出来ない要素は無かった。そしてまだまだ発展途上だったKINGにとって既に形を完成させていたPrinceとのグループ。確かに実力と人気、そう言われるのも分かる気がしてしまった。キンプリを観たあとからは私はMr.KING3人でのデビューという言葉は言わなかった。言えなかった。3人じゃ、足りない。愕然とそう思ってしまったのだ。どんなに永瀬廉くんが好きでも、どんなにMr.KINGの3人にデビューして欲しいと思っても、あの形が最高なんじゃないかという気持ちをどうすることも出来なかった。
 そして今、Mr.KINGはJrのセンターに立っている。伝統ある舞台の主役級の役割を貰い、それぞれが座長を務める公演をこなし、自分たちの実力と人気を着実に付けている。その自信が彼ら自身からも感じられるようになったと思う。しかしそれに負けること無くPrinceも切磋琢磨するように同じだけの役割を担っている。
 あの頃のように実力のKING人気のPrinceと分けられるほどの人気差は無いのではないかと思う。あの頃のようにPrinceの3人に対してKINGの3人が頼りなく見えることはもうないのではないかと思う。
 キンプリの強さは、6人全員が王道アイドルであること。6人全員がジャニーズっぽいところだと思う。ここ最近のキンプリの競演の形を見ると再結成を夢見ずにはいられないのは私だけではないと思う。

 だからもうキンプリもSixTONESも早くデビューしよう。